スクプレ道場は、スクールプレゼンターEXの教材 605 個を交換できるWebサイトです。(総ダウンロード数: 499694
小4算数 4つの32021/04/22 23:32:02

計算の順序の教材です。1頁目は答えが1~5になるもの、2頁目は答えが6~10になるものです。タブレットで書き込んで記入できるようにしています。このまま印刷してワークシートにもできます。

Yoshitake Taneichi 566 450301
61

小4算数 赤と白の差は何枚?2021/04/20 22:50:08

変わり方の発展問題です。赤と白の三角形のタイルの数の差を考えさせます。1頁目では、3段目まで提示しきまりを考えさせますが、必要に応じて4段目や5段目も提示できるようにしています。2頁目は5段目までの図です。式でも考えられるように吹き出しをつけました。

Yoshitake Taneichi 566 450301
62

小4算数 50番目の指はどれ?2021/04/19 20:12:04

あまりのある割り算の発展教材です。右手の指に親指から順番に1、2、3…と数えていった時、50番目がどの指が考えます。2頁目には、表にして数えて出す考え方を扱っています。ここから、あまりに注目させ計算で求められないか考えさせることができるようにしました。以前作ったものを扱いやすく直しました。

Yoshitake Taneichi 566 450301
83

小4算数 ジオボード2020/12/14 08:02:50

ジオボード教材

Go Ito 6 6271
194

小4算数 教室の気温のグラフ(2020全国学力学習状況調査4-3)2020/08/25 21:35:49

折れ線グラフの教材です。2020全国学力学習状況調査4-3を参考にしました。折れ線グラフの変化の様子について動的に見れるように2時間ごとに順を追って提示できるように設定しました。また、合っているものを1つだけ選ぶ形式にし、どの子も取り組みやすくしています。

Yoshitake Taneichi 566 450301
206

小4算数 小数の計算の仕方(2020全国学力学習状況調査3-4)2020/08/14 09:05:23

小数の加法の教材です。2020全国学力学習状況調査3-4を参考にしました。本来は記述する問題ですが、どの子も取り組めるように選択問題にし、アとイがどうして違うのか考えさせるようにしました。数の相対的な見方を用いた計算の仕方を理解しているか確かめます。

Yoshitake Taneichi 566 450301
208

小4算数 国立競技場と校庭(2020全国学力学習状況調査1-6)2020/08/04 07:02:50

除法の教材です。2020全国学力学習状況調査1-6を参考にしました。校庭の大きさを表す長方形をコピーして、国立競技場の大きさに並び替えることができます。予想される誤答「240÷18」「300÷18」や「50×18」「80×18」は、この図を使うことで間違いに気づかせることができます。 参照 https://drive.google.com/file/d/0B-u7WOIlXmv9TmhvY2pxWnZFVEk/view?usp=sharing

Yoshitake Taneichi 566 450301
195

小4算数 四角形の関係2020/06/30 05:58:20

四角形の仲間分けの教材です。平行な辺の数や辺の長さ、角の大きさなどの視点で包含関係を理解させます。一度に見せると分かりにくいので、「長方形と正方形」だけ提示して考えさせるように作りました。

Yoshitake Taneichi 566 450301
268

小4算数 本の貸出冊数調べ(2016全国学力学習状況調査b-4)2020/03/28 07:10:59

折れ線グラフの読み取りの教材です。2016全国学力学習状況調査b-4を参考にしました。正答率が25%と低かった問題です。スクプレ化の工夫として、折れ線グラフを少しずつ提示できるようにしたこと、男の子の説明を少しずつ提示できるようにし段階的に理解できるようにしたことなどを設定しています。 参照 https://drive.google.com/file/d/0B-u7WOIlXmv9TmhvY2pxWnZFVEk/view?usp=sharing

Yoshitake Taneichi 566 450301
315

小4算数 円の半径は(2009全国学力学習状況調査b-1)2020/02/19 20:49:46

円の半径を求める式の説明を考える問題です。2009全国学力学習状況調査b-1の報告書「授業アイディア」を参考にしています。スクプレ化で工夫したのは、説明を1つずつ提示できるようにしたことと、式の説明で足りない部分があえて作ったことです。対話的な学びが促されるようにしました。 参照 https://drive.google.com/file/d/0B-u7WOIlXmv9TmhvY2pxWnZFVEk/view?usp=sharing

Yoshitake Taneichi 566 450301
266